マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

iPhone高騰で機種変更を一旦ステイ Androidと“2台持ち”を選んだユーザーの魂胆

2022年10月16日 15:00 マネーポストWEB

iPhone価格高騰にユーザーたちの選択は?(イメージ)
iPhone価格高騰にユーザーたちの選択は?(イメージ)

 iPhoneを買い替えたいけど高すぎる──。さまざまなものが値上がりする中で、最低でも13万円以上するiPhone 14シリーズの買い替えに躊躇してしまうのは、無理もない。それでも買い替えるなら、なるべく金銭的な負担は抑えたいもの。iPhoneユーザーたちは、自分の最適解を探して、試行錯誤をしている。なかにはAndroidと“2台持ち”を選んだユーザーもいるようだ。その意図はどういうものなのか。iPhone歴12年の女性ユーザー・Aさん(30代)に話を聞いた。

最初はiPhone XSを修理して使おうと考えていたが…

 Aさんは現在、ドコモで契約中のiPhone XSを約4年使っているが、画面には軽いヒビが入り、バッテリーの減りも早くなっていることを実感。最初は修理して使い続けるつもりだったが、修理代のことも考えて機種変更をしようと考えた。

「使えないほどではなかったので、画面は修理して保護フィルムを貼り、ついでにバッテリーの交換もして使い続ける予定でした。でも、修理で2万円ぐらいかかるし、それでどのくらい使えるかわからない。私のiPhone XSは64GBで、容量が少し物足りないと思っていたこともあって、いっそ容量を増やして、新しいスマホを買ってもいいのかな、と量販店に見に行ったんです」(Aさん、以下同)

 iPhone 13かiPhone 14を購入するつもりで、家電量販店に足を運んだAさんの目に飛び込んできたのは、格安スマホコーナーにあった「1円」のAndroidスマホだった。

「UQ mobileの新規契約で、なかなか高スペックの機種が1円だったんです。ずっとiPhoneを使っていたので、Androidにするのは、操作性やデータ移行に不安もありましたが、スタッフさんの話を聞いていると、移行するのも難しくなさそう。デモ機を触らせてもらったら、操作もiPhoneとあまり変わらない印象でした。

 料金プランは月額1628円で、解約手数料もかからない。1年使ったとしても、修理にかかるはずだった2万円より安い。そう考えたうえで、iPhoneはiPhoneでこのまま修理せずになんとか使い続けて、並行してAndroidスマホをサブ機として使ってみるのもいいかもしれないと思って、その場で契約しました」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。