ライフ

オートロック突破、隣のアパート住民が再配達… 想定外の「置き配」に困惑する人たち

想定外の「置き配」に困惑する人たち(イメージ)

想定外の「置き配」に困惑する人たち(イメージ)

 今では多くの人が当たり前のようにネット通販を使っている。不在時には「置き配」指定をして商品を受け取っているという人もいるだろう。置き配なら、配達員が玄関ドアの前や宅配ボックス、ガスメーターなど指定した場所に届けてくれる。だが便利な一方で、「なんで?」と思うような想定外の事態に困惑する人たちもいるようだ。そのリアルな声を集めた。

オートロックなのに玄関前に置いてあった不思議

 メーカーに勤務する20代女性・Aさんは、オートロック付きマンションに住んでいる。

「宅配ボックスに置き配指定にしてるのに、『玄関前に配達が完了しました』という写真付きのメールが届きました。本当にびっくりしました。『え、うちオートロックだったよね?』と思わず確認してから、どうやって突破したんだろうと疑問に思いました。管理人さんもいない時間だったので、おそらく同じマンションの他の住人の荷物を届けるついでに立ち寄ったのだと推測します。

 普段は宅配ボックスにちゃんと入れてくれていたので、その時はボックスがいっぱいだったのかもしれません。でも、ボックスに入らないという理由で再配達になったこともあったので、配達会社や配達員によって対応が違うのでしょうか……。まあ、無事に荷物は受け取れたので、“そういうこともあるんだろう”と自分を納得させましたが、セキュリティ面でちょっと心配になります」(Aさん)

 その後も同様のことが何度かあり、Aさんは「基本的に気にするのをやめた」というが、さすがに我慢できないこともあった。

「置き配を指定していなかったのに、まさかのオートロック前の集合玄関に荷物が置いてありました。ちょっと高めの精密機器だったので、盗まれなかったことには安堵しましたが、置きっぱなしにされたことで、『○○号室には△△という名前の女性が住んでいる』と晒された感じがするのが気持ち悪かったですね」(Aさん)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。