マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

レンジにもトレンドにも強いFX自動発注システムが登場

2017年4月3日 12:00

 下記の表は、代表的な2社の自動発注システムと「オートレール」の手数料を比較したものだ。

   1万通貨  1000通貨
マネックス証券 無料 30円
A社 300円 50円
B社 200円 20円

【※1:イフダン注文を、当社オートレールと類似のリピートロジックによって、繰り返し設置・約定させる方式。イフダンの損切り注文にあたる部分に関しては、該当の複合注文全体で、一つ(一か所)のレートのみ設定可能】
【※2:イフダン注文を当社オートレールと類似のリピートロジックによって、繰り返し設置・約定させるが、A社の複合注文と違い、個々のイフダン注文に必ず、異なるレートにおける損切り注文が入る。また、個々の注文をリピートさせるロジックも、価格帯が自動で上方修正させる機能を持つ】

「オートレール」は取引単位が1000通貨の場合、1回(片道)=30円の取引手数料がかかるが、1万通貨単位であれば無料。自動発注システムは売買回数が多くなるので、手数料の差は損益に大きな影響を与える。1万通貨単位の取引であれば「オートレール」が圧倒的に有利であることがわかる。

 今までFXは大きな損失を抱えそうで不安…と思っていた人にこそ試してほしい、この「オートレール」。

 損失は小さく抑え、長く保有していればするほど、利益を得るチャンスも増える。資金量に余裕を持った取引が長く続けるポイントだろう。利大損小を追求する新しい自動発注システム「オートレール」。まずはその実力を体感してみてはいかがだろうか。

※マネーポスト2017年春号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。