マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

レンジにもトレンドにも強いFX自動発注システムが登場

2017年4月3日 12:00

スワップポイントは業界ナンバーワン

 自動発注システムで「買い」の取引を行うと多くの場合、スワップポイントが発生し、利益を底上げしてくれる。市場調査会社の矢野経済研究所が検証したところ、スワップポイントの高さでマネックス証券がトップに輝いた。

 下記の表は、7通貨の買いポシジョンを2か月間保有したと仮定して合計のスワップポイントを検証しもの。

 順位  社名  買スワップの総計
1 マネックス証券 9044円
2 オンライン証券A社 8629円
3 FX業者B社 8613円
4 オンライン証券C社 8351円
5 FX業者D社 8272円
6 FX業者E社 7834円
7 FX業者F社 7777円
8 FX業者G社 7169円
9 FX業者I社 2980円

【※合算値は米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、カナダドル/円、豪ドル/円、ニュージーランドドル/円、南アフリカランド/円、の7通貨における2016年8月~9月の合計値】

 マネックス証券は9044円となった。9位の会社の2980円と比較すると、実に6064円の差が生じている。1年に換算すると約3万6000円の差だ。

 一度買えば自動で売買をしてくれ、業界一のスワップポイントをもらえる点は魅力的だろう。

 さらに「オートレール」は、手数料も安い。

「FX」関連記事

少額・簡単にFX自動売買を始められる「トライオートFX」を紹介
FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方、稼ぐ投資家の秘訣も紹介
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。