マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

電気代は安くなるけど… 新電力乗り換えはわずか4.4%

2017年3月16日 16:00

新電力に乗り換えることで家計のスリム化も

新電力に乗り換えることで家計のスリム化も

 新生活が始まる4月は何かと出費がかさむもの。どうにかして節約をしたいと、電気代を節約する人も多いだろう。

 しかし、電気代は単価が小さいため、小マメに照明を消したり、電気器具のプラグを抜いたりしても、労多く益少なし。大幅に節約するのは難しい。家計の見直し相談センター代表で、ファイナンシャル・プランナーの藤川太さんは、「電気代の節約は、電気会社選びが大切」と言う。

「昨年4月に電気の小売が全面的に自由化され、今まで特定の事業者からしか電気を購入できなかった一般家庭が電力会社を自由に選べるようになりました。新電力に乗り換えると、電気代が安くなる可能性がありますが、利用者はまだまだ少ないんです」

 昨年4月以降に新電力に乗り換えた一般家庭等は、約282万件(2017年1月31日現在)。2015年度の一般家庭の電気契約口数約が6253万件なので、乗り換えたのはわずか4.4%しかいない。「既存の電力会社と契約したまま」という人で、毎月の電力使用量が300kWhを超えるような人は、同じだけ電気を使っても、乗り換えで料金が安くなる可能性は高い。

 たとえば、東京都在住のAさん(年間電力使用量4800kWh)の場合、通信会社が母体の『@niftyでんき』への乗り換えで、年間1万3020円の節約になる(「まるっと割」適用)。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。