マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

続々登場変わり種カップ焼きそば、コスパ最強なのは?

2017年4月13日 16:00

 日清食品は2017年4月17日に『日清焼そばプチU.F.O. ビッグ』を投入する。こちらは関西地方で人気となっている通常の『U.F.O.』の半分サイズの『日清焼そばプチU.F.O.』をレギュラーサイズに増量したもの。ツイッターには、

〈製品名だけみたら何を言ってるのかわからない製品〉
〈ややこしいわ!ww〉

 と、“プチ”なのに“ビッグ”ということで、困惑する声も多いようだ。

コスパ最強なのは「在庫が余った」商品?

 そんな変わり種カップ焼きそばだが、消費者として気になるのはその値段だ。一平ちゃんシリーズであれば、『チョコソース』『ショートケーキ』『カラムーチョ味』『すっぱムーチョ味』のいずれも希望小売価格が180円(税別)で、内容量は110g前後。通常の『明星 一平ちゃん夜店の焼そば』は、希望小売価格が180円(税別)で内容量が135gなので、単純に麺の量から考えると変わり種カップ焼きそばは多少ではあるが、コスパが悪いと言えるかもしれない。

 ペヤングの場合は通常の『ペヤング ソース焼きそば』が希望小売価格170円(税別)で120g。これに対し、『わかめMAX』が175円、『パクチーMAX』が185円、『プラス納豆』が185円、『背脂MAX』が205円、『チョコレート』が185円と、いずれも価格は通常より高い。しかし、麺の量はどれも通常とほぼ同じで、やはり通常ペヤングのコスパがよい。

 当然ながら、変わり種カップ焼きそばには特別な具やソースが使われるわけであり、その分1g当たりの価格を比較すればコスパが悪くなるわけだが、ネット上にはこんな声も。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。