マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

『住友銀行秘史』著者は『野村證券 第2事業法人部』をどう読んだ?

2017年4月21日 16:00

『野村證券 第2事業法人部』/横尾宣政・著

『野村證券 第2事業法人部』/横尾宣政・著

 バブル期の金融機関の実態を振り返る本が立て続けに出版されている。横尾宣政・著『野村證券 第2事業法人部』(講談社)もそのひとつで、「バブル期の野村證券でいちばん稼いだ男」と言われる元幹部候補生の著者が、当時の苛酷なノルマや猛烈な営業ぶりを語っている。ちなみに著者は、2011年に発覚したオリンパス巨額粉飾決算事件の「指南役」とされて逮捕され、1・2審で有罪判決を受け、現在最高裁に上告中の身でもある。

 戦後最大の経済事件であるイトマン事件に際し、匿名の内部告発文を上層部、マスコミ、大蔵省に送るなど銀行内部から正常化に向けて画策し、昨年その内幕を実名で描いて大きな話題を呼んだ『住友銀行秘史』の著者・國重惇史氏(元住友銀行取締役)は、本書をどう読むか。(インタビュー・文 鈴木洋史)

 * * *
 本書の著者は、昼は担当企業の1階にある公衆電話から電話して相手を“急襲”し、夜は担当企業全200社の全役員の自宅に面会のアポを求める電話を掛ける。そうした営業によって次々と担当会社を陥落させていったそうです。

國重:一読して思ったのは、ええかっこしすぎじゃないか、と。実は僕の本もそうなのですが(笑)。自分がいかに凄かったかという武勇伝のオンパレードですが、僕も彼も、その一方で恥ずかしい失敗があったと思いますよ。

 実は僕の前の奥さんは若い頃に磯田一郎会長の秘書だったので、僕が本を出したあと、本に登場させた元役員たちから電話がかかってきて、「お前が國重に情報を提供したんだろう」と責められ、「國重ばかりええかっこしやがって」「何様だと思っているんだ、あいつは」と文句を言われました。僕には直接の電話はありませんでしたが、今年の正月、元役員たちから年賀状が一枚もこなくなりましたよ。

株/暮らしのマネー注目記事

【株主優待】2017年“美味しい”優待銘柄を3つ厳選

「FX運用ガイド」の注目記事

円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
2017年後半は円安になるか 波乱相場ならシストレが有効
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。