マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

突然マルサがやって来た!~FXで10億円稼いだ元ヒルズ族社長の絶頂と貧民転落~

脱税摘発された元FX長者が学んだ「人生で一番大切なこと」

2017年4月20日 17:00

 普通に考えれば、本業のスクラップ業で億を超える負債を返済するには途方もない時間がかかるだろう。告発された直後は磯貝氏も、「FXで作った借りはFXで返す!」と息巻いていた。その頃には資産のほとんどが差し押さえられていたが、まだ確定していなかった罰金を払うために5000万円の現金が差し押さえを免れていた。磯貝氏はその「罰金用」の5000万円を元手に、得意のFX取引に挑んだ。毎月末にその月の収支計算をして、毎月100万円の返済を目標に利益を納税していった。

 しかしまもなくして罰金刑が3500万円に確定し、罰金を支払うと種銭が一気に少なくなってしまった。FX取引自体は少額でも可能だが、元手が大きいほど有利で、リスクを抑えた取引ができる。種銭が少なくなると今まで通りの取引はできず、利益は伸び悩んだ。

 そこに、アベノミクス相場が始まる直前、米ドル円が70円台まで円高が進んだときに、取引で大失敗。なけなしの種銭と納税前の利益合わせて1800万円を一気に失ってしまった。

「顧問税理士には『あーあ、余計なことしちゃって……』と呆れられ、本当に情けなかったですね……。これを機にFXからは足を洗い、本業に集中することにしました」

 そして、告発から8年たった今、本業の利益ですでに3億円近くを返済し、残る負債は4700万円を残すだけとなった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。