マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

牛丼、カツ丼……、丼チェーンの「最安値メニュー」を大調査

2017年7月30日 16:00

かつては熾烈な価格競争が行われていた牛丼価格の今

かつては熾烈な価格競争が行われていた牛丼価格の今

 手軽で早く出てきてガッツリ食べられると、多くの人に愛されている丼メニュー。もちろん豪華な丼メニューも嬉しいが、その一方で、手軽に安くお腹いっぱいになりたい、と思う人も少なくない。そこで、日本全国で展開している様々な外食チェーンの“最安値丼メニュー”を調べてみた。

 まずは、丼メニューの王道「牛丼」から。『吉野家』の最安値丼メニューは「牛丼(並盛)」で380円(税込、以下同)。『松屋』は、「プレミアム牛めし(ミニ盛)」が330円、店舗によっては「牛めし(ミニ盛)」が240円で最も安い。ちなみに松屋の並盛は「プレミアム牛めし」が380円、「牛めし」が290円だ。「プレミアム牛めし」は主に関東地方で販売されているメニューで、「牛めし」との併売は行われていない。そして、『すき家』は、「牛丼(ミニ)」が290円、「牛丼(並盛)」が350円となっている。また『なか卯』の「和風牛丼(ミニ)は300円、「和風牛丼(並)」は350円だ。

 かつては苛烈な価格競争が行われていた牛丼だが、現在は並盛で350~380円くらいが平均的か。ただ、関東圏以外の地域については、『松屋』の「牛めし」が値段だけであれば、最も安い。牛丼が大好きだという東京都在住の40代男性Aさんはこう話す。

「味については好みもあると思うのですが、私の場合、安定感から吉野家に行くことが多いですね。あとは、味噌汁がついているという点では松屋、トッピングを楽しみたい時はすき家といった感じで、気分によって行く店を変えています。値段でいうと、味噌汁がついて並盛290円の松屋が最強だと思うんですが、残念ながら私が行くのは都内の店舗がほとんど。380円のプレミアム牛めししか食べていないので、値段の面でお得感を感じることはあまりないです」

「FX運用ガイド」の注目記事

忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

初めてのカードローン 会社を選ぶ基準は?
誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。