マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

すた丼、ゴーゴーカレー、ポムの樹…「大盛り系チェーン」の実力検証

2017年9月4日 15:00

『ポムの樹』の「定番ケチャップオムライス」Mサイズ(左)と「モッツァレラチーズのトマトソースオムライス」Sサイズ
『ポムの樹』の「定番ケチャップオムライス」Mサイズ(左)と「モッツァレラチーズのトマトソースオムライス」Sサイズ

 メニューやサービスで様々な特色を出してくる飲食店チェーン。中でも人気が高いのは“量の多さ”が魅力の一つとなっているチェーン店だ。

 たとえば、ニンニク醤油ダレで炒めた豚肉がご飯に乗った「すた丼」が人気の『伝説のすた丼屋』。丼メニューがメインとなっているチェーン店だが、とにかくご飯の量が多いのだ。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。

「すた丼の通常盛りのご飯の量は400g程度といわれています。通常の牛丼の場合、丼1杯のお飯の量が250g程度なので、1.5倍以上の量です。満腹度は相当なものです」(以下同)

「すた丼」は味噌汁と生卵がついて630円。一般的な牛丼チェーンの牛丼に比べれば少々高い価格設定に思えるが、その量を考えれば納得だろう。『すた丼』のミニは530円で、ご飯の量は300g程度だという。これでも一般的な牛丼の大盛りくらいの分量だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。