マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

森永卓郎氏 安倍首相が狙う「2018年消費増税凍結シナリオ」とは?

2017年9月19日 16:00

 もちろん、それでも安倍内閣が憲法改正に必要な国民投票を乗り切れる支持率には回復していない。だが、安倍総理には打てる秘策がある。それは、2019年10月から予定されている消費税率の“引き上げ凍結”、あるいは“引き下げ”だ。

 安倍総理は8月に出演したテレビ番組で、消費税率10%への引き上げを「予定通り行なっていく考えだ」と明言している。だが、その発言をそのまま受け取ることはできない。過去2回の消費税率引き上げ延期の際にも、直前まで同じセリフを述べていたからだ。

 それでなくても、2014年4月の消費税率引き上げが経済政策として大失敗だったことは、3年経った段階での様々な分析で明確になっている。さらに、日本経済をガタガタにする不動産バブル崩壊の危機が目前にあることを考えれば、憲法改正ができる支持率の回復を狙って、安倍総理が消費税率の凍結、あるいは引き下げを決断する可能性は非常に高いと考えられる。

財務省に逆風が吹けば消費増税凍結の現実味は高まる

 一方、いまポスト安倍として名前が挙がって政治家たちが総理の座に就くことは、日本経済に大きなリスクとなる。なぜなら、彼らはすべて財務省寄りの政治家で、誰が総理になったとしても既定路線通りに消費税率引き上げが断行されるのは間違いないと思われるからだ。つまり、安倍政権が継続した方が、日本経済の視界は明るいといえるのだ。

 もちろん、凍結や引き下げを財務省が許すはずはないと思う人は多いだろう。しかし、これから財務省に大きな逆風が吹く可能性がある。それが、いったん騒動が鎮静化したかに見える森友学園問題だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。