マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

後悔しない美容院選びのポイント 注目すべきは美容師のハサミ

2017年10月20日 15:00

美容師がどんなハサミを使っているかは重要なポイント

美容師がどんなハサミを使っているかは重要なポイント

“髪を切る”という行為に関する価値観は人それぞれ。お金をかける人もいれば、できることなら自分で切りたいという人、美容院に月に2回行く人もいれば年に1回という人もいるだろう。だが、美容師のAさんは、「おトクだと思って何も考えずに料金の安い美容院を選ぶと、将来的に損をすることになる可能性も高い」と警鐘を鳴らす。

 Aさんは青山の有名店、下町の地元向け美容院、高級住宅街のセレブ向け美容院など、ターゲットの違うさまざまな美容院で働いた経験を持つ。なぜ、安い美容院だと逆に損をすることになるのか?

「安い料金設定の美容院は、利益を得るために品質の良くないシャンプーやリンス、パーマ剤などを使っていることが多いんです。お客さんの予約もパンパンにとるので、1人1人に十分なサービスができない状態になることも。そういう美容院に通い続けていると、将来的にほぼ間違いなく髪が痛むことになり、その分のメンテナンスにムダなお金がかかることになるというわけです」(Aさん、以下「」内同)

 高い料金を設定している美容院は品質のいいアイテムを使っているものだというが、Aさん曰く、「使っているハサミも美容師によって違うので要注意」。「美容師のハサミは店から支給されているのではなく、個人の所有物。ハサミは1万円程度のモノから30万円もするモノまでピンからキリまであって、安くて粗悪なハサミを使い、その上メンテナンスも全くしないという美容師もいます。キレイな髪を保つためには、いいハサミを使っている美容師を選ぶに越したことはありません」という。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。