マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

不漁のサンマ、カツオに代わり、豊漁のイワシが脂ものってお買い得

2017年10月19日 15:00 女性セブン

今年はイワシが豊漁
今年はイワシが豊漁

 今年は記録的な長雨・日照不足で8月頃から野菜が急騰し、秋の味覚さんまも歴史的不漁と、身近な食材高騰が家計を直撃している。水産物では、サンマ、スルメイカ、カツオの不漁が続く一方、今年はイワシが豊漁だ。

「スルメイカは近年漁獲量が減っており、去年の水揚げ量がピーク時の3分の1だとしたら、今年はやや戻って2分の1程度に。サンマは漁獲が少ない上、小ぶりな傾向です。

 それに対し、今年のイワシは豊漁で、脂ものっていて、煮てよし、焼いてよし。この機会にイワシ料理を存分に楽しんでほしいですね」(築地市場の水産卸売会社・東都水産)

 一方、加工品も不作・不漁を受け、価格が変動している。例えば、昨年のジャガイモ不足の影響が今年になって表れ、片栗粉が高騰。また、カツオ不漁でツナ缶、かつお節が値上がりする。

「ただし、ツナ缶の値上げ対象は、はごろもフーズの『シーチキンマイルド』のみ。代わりに100g50円前後の鶏胸肉で代用すれば、1缶70g約150円のツナ缶よりも安上がりになりますよ」(節約アドバイザー・丸山晴美さん)

 食材の一部が高騰しても、必ず値下がりするものもある。うまく使い分ければいいのだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。