マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年500冊の小説を読む40代女性に聞く 小説は人生の役に立つのか?

2017年11月15日 17:00

実用書ではなく小説を読むことで得られるものは何か

 人間誰しも息抜きは必ず必要だが、何とかお金をかけずに余暇を楽しく過ごす方法はないものだろうか。40代の女性・Tさんの趣味は「読書」。ミステリー小説を中心に、フィクション作品ばかり年間400~500冊を読破するというTさんは、小説から色々なことを学んだという。

 Tさんが本格的に読書に励むようになったのは、大学に入学してからのこと。高校まで地方で過ごし、通学に電車を使わなかったTさんは、かねてより「電車で読書すること」に憧れがあり、大学に入って初めて電車通学をするようになると、その時間を丸々読書に費やすようになったという。Tさんがいう。

「もともと本を読むのは好きだったのですが、高校生までは受験勉強などでなかなか本を読む時間がありませんでした。そのため、大学に入ったらたくさん本を読もうと思い、一人暮らしの部屋を選ぶ時は、わざわざ大学から少し遠目の場所を選びました」(以下同)

 授業に出るために電車に乗ったものの、小説に夢中になりすぎて、大学の最寄り駅のホームのベンチで小説を読み耽ってしまったこともあるという。そのまま東京で就職し、大手一流企業で忙しく働くTさんだが、どうやったら1日1冊以上のペースで本が読めるのか?

「私は現在、片道1時間かけて通勤していますが、その往復と昼休みでだいたい1日1冊読めます。さらに自宅では、トイレとお風呂で本を読んでおり、そちらは3~4日ぐらいで1冊読み終わります」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

FXトラリピ最強トレーダーの2020年一押し通貨ペアとは
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。