マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

仮想通貨取引、透明化をめぐる動きと普及への課題

2017年11月23日 19:00 マネーポストWEB

 既に金融庁は第1弾として、2017年9月29日に仮想通貨の取引所を運営する11社を、利用者間の売買を仲介する「交換事業者」として登録している。11社のうち9社はすでに取引所を運営している事業者で、QUOINE(コイン)、bitFlyer(ビットフライヤー)、ビットバンク、GMOコイン、ビットトレード、BTCボックス、ビットポイントジャパン、フィスコ仮想通貨取引所、テックビューロの各社。加えて、マネーパートナーズとSBIバーチャル・カレンシーズの2社が新規参入して登録を受けている。

 そうした中で、今後の仮想通貨取引が普及するかどうかの課題としては、税制面の整備が進むかどうかが大きい。国税庁は、個人が仮想通貨の取引によって得た利益は「雑所得」であるという見解を示しており、利益が大きければ大きいほど税率も高くなる総合課税となる。株式やFX(外国為替証拠金取引)の場合、申告分離課税で一律20.315%固定となっているうえ損益通算もできるため、それと比べると仮想通貨取引の税制面でのデメリットは少なくない。

 かつて日本でFXが普及し始めてから税制が整備されるまで10年近い歳月を要したが、現在の仮想通貨取引に関しても、FXの勃興期と非常によく似た状況にある印象だ。今後、仮想通貨取引の普及に伴い、税制面の整備がどう進んでいくかに注目したい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。