マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

今後も続く? ビットコインはなぜ分裂を繰り返すのか

2017年11月24日 21:00

ビットコインが分裂を繰り返す仕組みとは?(写真:アフロ)

 仮想通貨・ビットコインの「分裂」が相次いで起こっている。2017年8月には分裂の結果、新たな仮想通貨「ビットコインキャッシュ(BCC)」が誕生、10月にも「ビットコインゴールド(BCG)」が誕生している。今後もさらなる分裂の可能性が指摘されているが、なぜビットコインは分裂するのか。フィスコデジタルアセットグループ代表取締役でビットコインアナリストの田代昌之氏が解説する。

 * * *
 政府や中央銀行が管理する法定通貨と違って、公的な管理者がいないビットコインでは「マイナー(採掘者)」と呼ばれる民間事業者が手数料を得て送金などの取引データをネット上の台帳に記録し、取引が承認される。マイナーは取引履歴を約10分に1回ごとに1つのブロックに格納するためのデータ処理作業を、多大な電気代を消費しながら競争し合って行なっている。

 ビットコインの分裂騒動の要因は、この1ブロックのブロックサイズ(データ許容上限)の規格を拡張するか否かの対立にある。ビットコインをマイニングすることで得られる報酬は約4年に1度ずつ半減していくように設定されているので、マイナーにとっては今後ますます取引手数料の額が重要になる。ブロックサイズを大きくすることは、マイナーが得られる取引手数料がその分上がることを意味するため、このような対立が起こるのだ。

 実際、8月にはマイナー間の対立から、中国に拠点を持つ民間事業者のグループがビットコインから枝分かれしたビットコインキャッシュを誕生させた。さらに、10月24日に香港に拠点を置くマイナーによる新仮想通貨「ビットコインゴールド」の分裂作業が始まっている。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。