マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

2018年の年賀はがきに落とし穴 1月8日以降に出すと料金が変わる

2017年12月4日 16:00

年明け、出社してから返事を出そうと思ったら……

 同じく、お正月に届いた年賀状に返事を出そうとしても、1月8日以降に出す場合は、52円のはがきに10円分の切手を貼らなくてはいけなくなる。特に会社に届いた年賀状に、年明けに返事を出そうと思っている人は注意が必要だ。たとえば正月休みを1月8日の成人の日までとっている人が、1月9日に出社してから52円のはがきで返事を出してしまった場合、受け取り側が不足分の10円を支払わなければならない。返事を出す際は、可能なら1月7日までに出したほうが安心だろう。

 日本郵便は毎年年賀はがきを発売しており、前年度の年賀はがきが余っているというケースもあるかもしれない。前年度の年賀はがきは52円だが、もちろんこちらも12月15日から1月7日まで期間中であれば、52円で出すことができる。

 また、割引期間は1月7日までだが、厳密には1月8日の最初の取り集めまでにポストに投函されたものは、「1月7日に出した」という扱いとなる。つまり、7日の夜までに投函すれば52円でOKだというわけ。

 1枚あたりたかが10円の割引だが、年賀状を大量に出すのであれば、決して無視できない額になるはず。2018年の年賀状を出す際はくれぐれも注意したい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。