マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

年末締め切り「ふるさと納税」 今年は“訳あり&増量”の返礼品が狙い目

2021年10月21日 19:00 マネーポストWEB

今年のふるさと納税はどこにする?(北海道根室市の返礼品「お刺身・かにしゃぶ・かにステーキ用1.5kg」)
今年のふるさと納税はどこにする?(北海道根室市の返礼品「お刺身・かにしゃぶ・かにステーキ用1.5kg」)

 ふるさと納税の申し込み締め切りとなる年末が近づいている。自分が選んだ自治体に寄付をすると、控除によって実質負担2000円で豪華返礼品が受け取れるふるさと納税(控除が受けられる寄付上限額は所得などによって異なる)。中には、寄付額に対してお得な返礼品が受け取れる「実質還元率」が高いものも存在するが、どういったものが狙い目なのか、ふるさと納税の達人に聞いた――。

 独自の調査をもとに返礼品の市場価格と寄付額を対照して実質還元率を算出している情報サイト「ふるさと納税ナビ」編集長の上野舞氏が、今年の傾向を解説する。

「昨年に続き、コロナで被害を受けた『生産者支援』というかたちで返礼品を増量するなどして寄付した人がよりお得になるようにしているケースがよく見られます。ふるさと納税専門サイトでは、そういった返礼品が目玉となっています」

 返礼品の競争が過熱した2019年、各自治体が調達した返礼品の価格が寄付額の「3割」を超えないよう総務省が通達。ブームは沈静化するかとも思われたが、実際には自治体が独自のルートで市場価格より安く返礼品を仕入れることで“実質還元率が3割を超える返礼品”が用意されているケースは今も珍しくない。お得・節約情報ジャーナリストの青葉みお氏が解説する。

「北海道根室市の『お刺身・かにしゃぶ・かにステーキ用1.5kg』(寄付額2万円、実質還元率80%)は、生の本ずわいがにを堪能できます。あらかじめ3部位が500gずつに分けられているので、刺身や鍋などいろいろな食べ方を楽しめます。ロシアやカナダといった外国産のかにだけを使った返礼品も多い中、こちらは北海道産のかにが入っているのもポイントです。

 地場産のお米やお酒も魅力的です。意外と知られていませんが、有数の米所である茨城県稲敷市の『令和3年産 稲敷産コシヒカリ15kg』(寄付額1万2000円、実質還元率61%)は、在宅での食事が増えた今だからこそ美味しいお米を食べたいというニーズに合った返礼品。また、お米といった重量のある品物は、寄付額に配送料込みで自宅に届けてもらえるふるさと納税を活用するメリットが大きいと言えるでしょう」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。