マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「ふるさと納税」利用者の声 大満足の返礼品の一方で失敗談も続々

2020年2月12日 16:00

ふるさと納税の返礼品の満足度は?(イメージ)
ふるさと納税の返礼品の満足度は?(イメージ)

 希望する任意の自治体に寄付をすることで、税金を控除できる「ふるさと納税」。2019年度分のふるさと納税制度の申し込み手続きが12月31日に終了し、返礼品が続々と届き始める時期になった。

 各自治体が、特色を活かした返礼品を用意して趣向を凝らす一方、利用者の関心は返礼品の満足度や豪華さに関心が集まることが多い。そんなふるさと納税を利用したユーザーに、返礼品への満足度や、失敗したと感じたものを聞いてみた。

 20代の男性会社員・Aさんは今回、初めてふるさと納税を利用。計10 万円分の寄付金を昨年末に申請した。

「思っていた以上に、簡単に申請できたのでビックリしました。確定申告をしなくても寄付金の控除が受けられる『ワンストップ特例』の制度を利用したので、役所への手続きをする手間も省けました」(Aさん)

 Aさんが申請したのは、食品や飲料水などの日常で利用する品々だ。

「冷凍の肉や餃子、水など、当分スーパーで買わなくて良いほど十分な量が届きました。税金が控除されるうえに、食卓が潤うなんて使わない手がないですね。ただ、全ての返礼品が届いた訳でもないのに、冷凍庫がすでにパンク気味。食べきれるかどうか心配です」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。