マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

50周年カップヌードルの歴史と豆知識 発売開始は新宿伊勢丹、麺は3種類

2021年8月28日 19:00 女性セブン

ふたの裏側にはキュートな猫のイラストも登場
ふたの裏側にはキュートな猫のイラストも登場

 今年で誕生50周年となった『カップヌードル』。忙しいときのご飯や受験勉強の夜食などさまざまな思い出のシーンに刻まれている人も多いだろう。世界でも100か国以上で販売され、同ブランドで世界累計販売500億食を達成している。メインとなる『カップヌードル』は、味やパッケージなどを含め、発売当時からほとんどその姿は変わっていないように見えるが、一方でカレーやシーフードなど、多様なシリーズを展開し、さまざまな戦略で人々に親しまれている。

 そこで、知ればもっとおいしくなる『カップヌードル』の知られざる豆知識を紹介しよう。

【麺は基本3種類ある】
 麺は、スープの味によってそれぞれ違うものが使われており、『カップヌードル』の麺はしょうゆとチキンベース、『シーフードヌードル』はしょうゆベース、『カップヌードル カレー』はポークペースの味付けだ。また、『カップヌードル』と『シーフードヌードル』の麺は約2mmの太さだが、『カップヌードル カレー』の麺だけは約3mm。濃厚でとろみのあるスープに負けないように少し太くなっている。

【「謎肉」のナゾ】

定番の具材はえび、卵、ねぎ、そして、「謎肉」
定番の具材はえび、卵、ねぎ、そして、「謎肉」

 定番の具材はえび、卵、ねぎ、そして、「謎肉」だ。なんの肉かわからないと一部ファンの間で話題となってこの名前がつけられたが、その正体は、豚肉や野菜、大豆たんぱくなどをミンチ状にして味付けをして、フリーズドライにしたもの。日清食品もこのネーミングを“おもしろい”と認め、公式に使用している。

【カップのこだわり】
 麺の太さやスープの味にこだわったのはもちろん、カップの開発にも並々ならぬ努力があった。

「軽くて手に持っても熱くなく、日本人の手になじみやすいサイズや形にもこだわりました。創業者は、自宅にまで試作カップを持ち帰り、寝ても覚めてもカップを握っていたそうです」(日清食品マーケティング部の白澤勉さん)

 2008年には素材にもこだわり、紙製の「ECOカップ」にリニューアルした。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。