マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

誕生50年のカップヌードル ファンが求める「らしさ」は発売当時の姿のまま

2021年8月26日 16:00 女性セブン

50年にわたって愛され続けるカップヌードルの魅力とは?
50年にわたって愛され続けるカップヌードルの魅力とは?

 カップ麺の代名詞ともいうべき『カップヌードル』が今年、発売開始から50周年を迎え、同ブランドで世界累計販売500億食を達成したと発表された。子供のおやつに、忙しくてご飯が作れないときに、受験勉強の夜食に、災害時の保存食にと、多様なシーンで食べられてきたこの“国民食”。あなたはどんな思い出を持っているだろうか。

『カップヌードル』の思い出を、46才女性(パート勤務)はこう語る。

「カップヌードルといえば、試験勉強中の夜食にしていました。親に内緒で夜中にラーメンを食べるという背徳感から、“青春時代の秘密の味”という印象があります。いまも家族がいないときに無性に食べたくなります。ちょっと悪いことをしているというドキドキ感が、いいスパイスになるんですよね」

発売当初は“未来の食べ物”という印象

 湯を注ぐだけでできる『カップヌードル』は、わずか3分で、誰にでも簡単に作れるという手軽さ、そして長期保存できるという点から、常備している家庭も多いようだ。現在は、世界100か国以上で販売されており、多くの人々に受け入れられているが、発売当初はセンセーショナルだったと、即席麺評論家の大山即席斎さんは言う。

「『カップヌードル』が登場する前のラーメンといえば、どんぶりに入っているのが普通でした。そんな時代に、カップに入った麺をフォークで食べるという、スタイリッシュなカップヌードルが登場したので、“斬新だ”と話題になりました。発売の前年の1970年に開催された大阪万博では、未来を感じさせる展示にワクワクしたものですが、カップヌードルもまた“未来の食べ物”という印象を与えてくれたんです」(大山さん)

 麺を“ヌードル”と表したのも即席麺では日本初。聞きなれない言葉に多くの若者が心を奪われた。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。