家計

お金がないときの貧乏節約レシピ 「パン粉をパンに戻す」他

パン粉を戻したらパンに……!?

 ギャラが安いことで知られる(?)売れない若手芸人。限界生活のなかでやっている、あるいは過去にやっていた節約術(荒業)を聞いてみた。

 まずは、元芸人の30代女性・Aさんのアルバイト時代のエピソード。

「常にお金がなかったので、“取っ払い”のアルバイトをしていました。でも、そのバイト、終電が過ぎちゃうことがよくあって。もちろんタクシーで帰るなんてできないし、漫画喫茶やファミレスに入るのももったいない。仕方ないから、山手線半分くらいをよく歩いて帰っていました。ただ、それを繰り返していた時には、靴がすぐにダメになってしまって、靴の買い替えにお金がかかっていました。体力だけはつきましたが、時間も靴代ももったいなかったです」

 現役芸人である30代女性・Bさんは、食事に関して節約を心がけていたという。

「余裕があるときに、賞味期限の長い食材を購入しておきます。そして余裕がなくなったときには、それらの出番。一番のお気に入りは、パン粉を水に浸してふやかして、固めて、焼いてパンに戻して食べること。小麦粉があれば団子にして食べますし、お米はおかゆにして量を増やして食べています」

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。