ライフ

「乗り鉄」の京急社員 日本の全線踏破後は全駅制覇に挑戦中

北海道の沼牛駅での1枚。すでに廃駅となっている

 全国の鉄道ファンにとって、一度は必ず抱く夢が「鉄道会社に就職すること」。子供の時から鉄道に親しみ、鉄道とともに育ってきたような熱心な鉄道ファンは「鉄道会社に就職しようとしても敬遠される」というのがファンの間では定説だが、京浜急行電鉄に務める重松祐一さん(49)は、日本全国のJR路線および私鉄路線をすべて乗り尽くしたという“乗り鉄”だ。重松さんに話を聞いた。

「私は小さい頃から鉄道好きで、マンガ本より時刻表が好きでした(笑)。京急に入社する前はツアーコンダクターをしていて、仕事で鉄道に乗る機会が多く、自然と乗車した区間が増えて、本格的に全線乗ろうと意識しました。JRは基本的に『青春18きっぷ』を使って30代なかばで完乗し、私鉄も40代なかばですべて乗り終わりました」(重松さん。以下同)

 重松さんは、会社では「京急ご案内センター」の副センター長を務める。「ご案内センター」には、多くの人から「沿線の河津桜の見頃は」「目的地までどうやって行けばいいのか」などといった問い合わせが寄せられる。重松さんは、センターでは答えられない内容について、担当部署にヒアリングする立場にある。そのため、京急の本社社員の多くは重松さんの存在を知っている。

「だけど、私がこんなに“乗り鉄”だというのを知っている社員は、ほとんどいないでしょうね」と重松さんは笑う。新線が開通すれば、それがどんなに短い区間でもすべて乗りに行っているという重松さん。乗り鉄としてある種の高みに達してしまうと、今度は“降りること”にも興味を覚えるようになったという。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。