マネー

相続税の節税術 生前に親と同居なら評価額8割引き特例も

相続にはさまざまな節税対策がある

 2015年の大増税で基礎控除が大幅に削られ、「一般市民の税」となった相続税。80代にとってはまさに“喫緊の課題”となっている。子供の負担を軽くできる相続関係の特例制度も数多くあるのだ。ここではそれを紹介しよう。

■小規模宅地等の特例
……一緒に住んでいれば評価額は8割引きに

 親が死んだ後、同居する子供が自宅を相続すれば、土地の評価額が8割減になる。相続税対策として有効に使えるのが「小規模宅地等の特例」だ。税理士法人チェスター代表の福留正明氏が解説する。

「仮に1億円の土地を所有しているとして、別居する子供が相続すると相続税はおよそ1220万円。しかし、生前に子供と同居しておいて特例を使えば、基礎控除が土地評価額を上回るので相続税がゼロになります」

■暦年贈与
……年間110万円までは税金ゼロで子供たちへ

 贈与を受ける子供や孫などは1人あたり年間110万円まで贈与税が非課税となる。
「制度を利用して毎年コツコツ贈与すれば相続税を抑えられる。人数制限がないので対象者をできるだけ増やし、長期間継続して行なうことがポイントです」(福留氏)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。