マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年金受給開始は65歳と70歳どちらが得? 妻との年齢差が鍵に

2018年1月10日 16:00

年金は何歳から受け取るのが正解か?

 60代はまだまだ現役。だからこそ、「何歳から年金を受け取るか」の選択が大きな分岐点になる。

 サラリーマンの厚生年金は65歳受給が基本だが、最長70歳まで受け取り開始を遅らせる「繰り下げ受給」が可能だ。年金を我慢する分だけ受給額が加算され、65歳から月額20万円の年金をもらえる人が70歳受給を選択すれば、28万4000円に42%も増額される。

 65歳を過ぎても働いて十分な給料収入がある人は「繰り下げ」の一択だろう。ファイナンシャルプランナーの森田悦子氏の指摘。

「民間の資産運用で高い利回りを得るには元本割れもあり得るリスクの高い商品に投資しなければなりませんが、年金の繰り下げ受給はほぼノーリスクで増やせます。仮に70歳の受給前に本人が死亡しても、65歳から受け取れるはずだった金額を遺族が『未支給年金』として請求できます」

 もちろん、繰り下げ受給のメリットは長生きしないと生まれない。損得分岐点は受給開始から12年だ。

「70歳から受給した人が82歳まで生きると、65歳受給より年金総額が上回ります」(森田氏)

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。