マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

2018年の株式市場 露大統領選、サッカーW杯、自民総裁選の影響は

2018年1月9日 15:00

 スポーツイベントが続く中、こんな“ウラ読み”をするのはフィスコ・株式アナリストの雲宮祥士氏だ。

「スポーツに関心が集まることで健康も注目ワードになるはずです。ライザップなどはすでに上昇銘柄ですが、私が目をつけるのは、低糖質食品を扱うニチレイ(東1・2871)、やまみ(JQ・2820)、そしてユニー・ファミリーマートホールディングス(東1・8028)です。とくにファミリーマートは昨年末、店舗に24時間フィットネスを併設することを発表しているので要注目です」

 今年は国勢選挙がなく“凪の1年”と見られている政界で、最注目イベントが自民党総裁選だ。第一生命経済研究所の首席エコノミスト・永濱利廣氏が言う。

「9月には自民党総裁選があります。安倍晋三・総裁の続投が有力視されているものの、日本の政界に対して“100%確実”という見立ては禁物です。万が一退陣となるとマーケットには大きなマイナス。アベノミクスからの転換を意味する『ABEXIT(アベグジット)』が現実味を帯び、外国人投資家が日本株売りに走る可能性があります」

※週刊ポスト2018年1月12・19日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。