マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

森永卓郎氏 激変する「低賃金・安定雇用」時代を生き抜く方法

2018年1月25日 11:00

改正労働契約法による契約社員への影響は?(イメージ)

 2013年に成立した改正労働契約法により、2018年4月から、累計で5年を超える有期契約社員は、無期契約に変更しないといけなくなる。そのため、「2018年には“無期契約社員”が大量発生することが予想される」というのは、経済アナリスト・森永卓郎氏だ。ただし、「それによって契約社員の待遇が改善されるとは限らない」ともいう。どういうことなのか、以下、森永氏が解説する。

 * * *
 まず、契約のスタートから累積5年という条件があるので、2018年4月からすべての有期契約社員が無期契約社員になれるわけではない。また、半年間のインターバルを置いて再契約すれば、累積期間はリセットされてしまうため、無期契約社員を増やしたくない大手企業などでは、その手法で逃れるところが多いと思われる。

 しかし、採用難が深刻な中小企業は、累積5年となる前にインターバルを置きたくても、一度切ったら再び契約を結んでくれない懸念がある。そのため、特に中小企業では、2018年4月から無期契約社員が劇的に増えると思われる。

 ただし、雇用契約が有期から無期に変わるだけで、賃金が増えるケースがほとんどないと予想される。その結果、雇用条件は安定するが低賃金のままという「低賃金・安定雇用」の時代が2018年から到来するということだ。とはいえ、有期契約から無期契約に雇用が安定することは、もちろん悪いことではない。たとえ賃金が上がらなくても、工夫次第で幸せに暮らすことは可能だ。

 住まい方でいえば、私は富山県のケースを参考にすればいいと、これまでも提唱してきた。富山県では大家族で暮らす世帯が多く、1人当たりの所得は決して高くないが、家族の中で働ける人はみんな働いているために世帯としての全収入は高く、豊かな暮らしを実現している。

「不動産」関連記事

【無料】国内最大手6社に一括見積りできる不動産売却ポータルサイト
【無料】国内最大手6社に一括見積りできる不動産売却ポータルサイト
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
2019年の為替相場を予想する上で注目したい5つの点
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイント投資を徹底解説 初心者におすすめの始め方は?
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。