マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

iDeCoで年単位での掛金拠出が可能に ボーナス月に絞った拠出もOK

2018年1月18日 17:00

iDeCoの制度変更で使い勝手が向上

 節税しながら「自分年金」づくりができる制度として加入者数を拡大しているiDeCo(個人型確定拠出年金)の使い勝手が向上した。毎月決まった額を積み立てる決まりだったのが、2018年1月からはボーナス月など余裕のある月にまとめて支払うような年単位での拠出が可能となったのだ。

 たとえば、月額2万3000円を拠出してきた会社員なら、年2回のボーナス月にまとめて13万8000円ずつ拠出することが可能となる。年間の上限の範囲内なら月ごとに拠出額を変えることも可能で、通常月は1万円、ボーナス月に3万円といった設定も可能だ。収入が安定しない自営業者にとってもメリットは大きく、売り上げが多くなる月にまとめて支払うといったこともできる。

手数料を節約できるメリットも

 拠出の回数を減らすことで、意外なメリットもある。拠出時にかかる国民年金基金連合会の手数料(103円)を節約できるのだ。たとえば、毎月拠出している場合は12か月分として年間1236円の手数料が差し引かれるが、年1回拠出とすれば103円のみとなる。

 また、自営業者など第一号被保険者で、毎月400円の付加保険料を支払っている人は、年単位拠出にすることで掛金額を増やすことも可能だ。iDeCoの掛金額は1000円単位で、付加保険料を含めて月6万8000円が上限(第一号被保険者)だったので、これまでは月600円の枠が無駄になっていたからだ。

 ただし、この制度を利用するには、事前に年間計画を金融機関に提出しなければならない(申請月の翌々月納付分以降を設定可)。たとえば、月1万円を拠出している人が、ボーナスが増えたからといった理由で12月に年間の上限額いっぱいまでまとめて拠出したいと考えても認められない。また、拠出の回数は年何回でもかまわないのだが、12月拠出分は必ず含む必要がある。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
2019年の為替相場を予想する上で注目したい5つの点
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイント投資を徹底解説 初心者におすすめの始め方は?
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。