マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

東武鉄道社員の「模型鉄」 知識活かしリアルすぎる模型制作

2018年1月23日 16:00

仕事はSL整備、趣味は鉄道模型

 全国の鉄道ファンが一度は必ず抱く夢が「鉄道会社に就職すること」。子供の時から鉄道に親しみ、鉄道とともに育ってきたような熱心な鉄道ファンは「鉄道会社に就職しようとしても敬遠される」というのがファンの間では定説だが、東武鉄道に勤める坂巻健一郎さん(58)は、仕事で鉄道の整備に携わるかたわら、自宅では鉄道模型に勤しむ“模型鉄”だ。現在は、東武鉄道を走るSL列車「大樹」の整備を担当する坂巻さんが鉄道模型を始めたきっかけは、高校の同級生からの誘いだったそうだ。

「小学生の頃は紙で車両を作って遊んでいました。紙に書いて、糊で貼ってという感じです。高校は機械科だったので鉄道好きが集まっていて、友達が『模型あるけど見る?』と言うんで、見に行ったんです。それでしげしげと模型を見ていたら、『安く売ってあげるよ』と言われ……そこが始まりでした」(坂巻さん。以下同)

 それ以来、鉄道模型にハマり、今では少なくとも400両以上の模型を所有している坂巻さん。持っているのは、日本では主流とされる「Nゲージ」より大きい「HOゲージ」というタイプだ。

 そして、彼の趣味を唯一無二のものにしているのが、再現度の高さである。坂巻さんは東武の工場で車両のメンテナンス一筋で仕事をしてきた。主に担当したのは「台車」。その経験を活かし、誰よりもリアルな模型を作っている。模型でも情熱を燃やすのは、もっぱら東武の車両だ。

「工場勤務なので、ウチ(東武)の車両のどこがどうなってるか、全部分かるわけです。だから買ってきたキットを組み立てた上で、本物と同じように配管や配線をつけたりします。銅線を曲げて、ハンダでつけたり。

 鉄道模型屋さんも(キットではなく)完成品を作って売っていて、けっこう細かく作り込んであるんですが、それでも間違っている時がある。そんなときは、『ここは本当はこうなってないよ』なんて指摘します(笑)」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。