マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか

2018年1月21日 7:00

金融機関主催のセミナーはシニアで大盛況(写真:時事通信フォト)

 日本経済を取り巻く環境が一変し、投資における“上げ潮”が到来したなかで、スタートした新制度「つみたてNISA(少額投資非課税制度)」。投資に馴染みのない人にこそ、メリットの大きい制度だ。その特徴を知ることで資金を手堅く増やすチャンスが広がる。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦氏がいう。

「若い現役世代の投資離れを防ぐための制度のように喧伝されていますが、むしろ50代からも得られるメリットが大きい制度です。『つみたてNISA』は中長期にわたって分散投資することで、リスクを抑えながら安定的に老後資産をつくる仕組み。人生100年時代を踏まえれば、むしろ50代以降の世代こそ、上手に制度を使って大きな恩恵を狙うべきでしょう」

 投資のプロがそう断じるのには、もちろん理由がある。通常、株や投資信託などで得た譲渡益や配当に対して約20%の税金(所得税と住民税)が課税される。

 これに対して「つみたてNISA」は、積み立てたお金の運用益への課税はゼロ。利益を丸ごと受け取ることができる。1年間で投資できる上限は40万円までだが、最長20年間の積み立てが可能。少額をコツコツ運用する人に恩恵の大きい仕組みだ。

 ただ「投資」に身構えてきた人は「そんな美味い話があるか」と疑問を抱くだろう。「守りつつ殖やす」この制度のポイントを紹介する。

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。