マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

春闘「3%賃上げ」 今年だけのアップでは日本の未来はない

2018年1月29日 15:00

3%の賃上げは実現するか

 今春闘では、安倍政権の要請に応じる形で経団連も「賃上げ3%」の旗を振っている。経営者らからは早くも「高いハードルだ」との声が出ているが、「それが実現できなければ、日本の将来が危うくなる」というのはファイナンシャル・プランナーの花輪陽子氏だ。花輪氏が解説する。

 * * *
 経団連と連合のトップらが春闘に向けた考えを説明する「労使フォーラム」が開かれ、今年の春闘が事実上スタートしました。経団連は賃上げの水準として「3%」という数値目標を掲げており、労使交渉では去年までの水準を上回る賃上げが実現するかが焦点となっています。

 私は家族の仕事の都合で、成長著しいシンガポールに住んでいます。ここでは「賃上げ3%」はごく当たり前の数字です。シンガポールの2016年の平均月収は4056シンガポールドル(日本円で約34万円)ですが、2006年は2449シンガポールドル(約20万円)だったので平均的に「毎年3%」を上回る賃金上昇率になります。

 対する日本は2016年の平均月収は30万4000円、2006年は30万1800円、1997年は29万8900円──と失われた20年の間ほとんど賃金が上がっていません。この間にシンガポールのような成長をしている国に賃金も追い抜かれてしまったのです。

 もちろん両国の物価上昇率も異なり、日本は物価もほとんど横ばいの状態なので日本で暮らしている分には影響がないかと思われるかもしれません。ですが、日本人が海外に出て行って暮らすとなると、非常にきつくなります。シンガポールの家賃相場では月20万~30万円程度が一般的だからです。サンフランシスコなどさらに物価の高い都市に住むことは非常に厳しいでしょう。子供が留学したいと言いだしても、非常に難しくなります。日本だけ賃金が上がらない状態だと、日本国内に留まるしか選択肢がなくなってしまいます。

 加えて言えば、このように賃金が上がりそうにもない国に、優秀な人材が集まるとも思えません。すると日本の経済成長はますます覚束なくなります。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。