マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

自宅を手放して老人ホームへ 売り時は入居時?入居後?

2018年2月21日 15:00

自宅売却時期の違いでこれだけの差が

 人生最大の資産である我が家を売る――その判断が必要な局面としてまず挙げられるのは、「まとまった資金が手元に必要な時」だ。

 たとえば、一時金や毎月の利用料を支払うことになる「老人ホーム入居」のタイミングである。介護アドバイザーの横井孝治氏は「施設入居から逆算すべき」と助言する。

「男性だと75歳くらいから歩行や自力の入浴が難しくなり始めます。この年齢が施設に入居するひとつの目安になります」

 一般的に有料老人ホームの支払い方法は「入居一時金+月払い」と「完全月払い」の2パターンある。入居一時金はいわば“頭金”で、月額の利用料が安くなる。

「一時金が1000万円で月額20万円という標準的な施設の場合、入居から5年間経過すると完全月払い40万円の施設より支払総額が少なくなる。その後は毎年240万円の差が出るため、体の動く75歳の時に一時金方式で入居すれば、長生きするほど有利」(横井氏)

 そのため、自宅を売却して入居一時金を捻出することが有力な選択肢となる。問題はその際の「我が家の捨て方」である。「老人ホームに入る時に売る」のか、「入居後に売る」のかだ。横井氏が続ける。

「住み慣れた我が家を手放すことに抵抗があるかもしれませんが、時間が経つほど資産価値は下がります。マンションも築20年を過ぎると資産価値は半分以下になるとされます。特に老人ホーム入居費で子供に負担をかけたくない場合、75歳の入居時点で売却できる状況を目指すのが望ましい」

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。