トレンド

ビジネス向けリュックサック流行 気をつけるべきマナーは

ビジネス向けリュックサックのラインナップも充実

 元来はカジュアルなファッションアイテムだったが、近頃ではビジネスシーンで使う人も増加しているリュックサック。愛用者はリュックサックの利点について、こう話す。

「パソコンを常に持ち歩いているので、パソコン収納用のスリーブがあるリュックサックが便利。手持ちのカバンだと重いが、リュックだとその負担も軽減される」(IT系企業勤務・20代男性Aさん)

「外回りの合間にタブレットでメールを返したり、調べものをしたりすることが多いのですが、リュックだと両手が空くので操作がしやすい。また、ショルダーバッグだとスーツの片方だけがしわになってしまうのがイヤ」(営業職・30代男性Bさん)

 AさんもBさんも、カジュアルになりすぎないよう、黒いシンプルなリュックサックをビジネスシーンで活用しているという。

「革のものはフォーマルな雰囲気でビジネスっぽいんですが、いかんせん重たい物が多い。アウトドアメーカーのビジネスラインのリュックのほうが、軽くて撥水加工もしてあって、機能的だと思います。私はARC’TERYXのブレードというモデルを使っています」

 ちなみに、ARC’TERYXの「ブレード20」の定価は2万7000円。また、Bさんはノースフェイスの「シャトルデイパックスリム SE」というモデルを使用。こちらは2万3760円だ。1万円台の物が多いアウトドア系のリュックから比べると、少々高めだといえる。

「たしかに、カジュアルなリュックより少し高いと思いますが、ポケットも多くて便利。背中にはクッションがついていて、背負っていても疲れません。高級ブランドのカバンに比べれば安いし、むしろコストパフォーマンスはいいと感じています」(Bさん)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。