マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

仮想通貨取引の「税金」 2種類の通貨で損益通算は可能か

2018年4月12日 20:00

仮想通貨取引に関する「税金」はどうなっているのか

 株式投資の場合、株の値上がり益に対して「20%」、配当にも同じく「20%」の税金がかかる。では、ビットコインなど仮想通貨で利益が出た場合の税金はどうなるのか。『ビットコイン相場の読み方』などの著書もあるビットコインアナリストの田代昌之氏(フィスコデジタルアセットグループ代表取締役)が、次のように解説する。

 * * *
 国税庁は2017年12月1日に、仮想通貨で得た所得の計算方法等についての詳細内容をホームページ上で公表している。それによると、ビットコインをはじめとする仮想通貨を売却または使用することにより生じる損益については、原則として「雑所得」に区分され、所得税の確定申告が必要になるとしている。

 雑所得とは、利子所得、配当所得、事業所得、不動産所得、給与所得、退職所得、譲渡所得、山林所得、一時所得の9種類のいずれにも当たらない所得を指す。

 現在、上場している株式や公社債など金融商品取引法上の有価証券に該当するものには、差し引きをして課税対象の所得を減らせる「損益通算」と呼ぶ仕組みがある。また、損失は3年間繰り越し、将来の利益と相殺することもできる。

 一方、仮想通貨の場合は有価証券に該当しないので、損益通算などの税制メリットを受けられず、所得に応じた累進課税が適用される。具体的には、給与所得などの他の所得と合算され、総所得金額に応じて5~45%という累進課税がかかることになるのだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。