マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

とんかつチェーン『かつや』 愛好者が語る満足度とお得感

2018年5月10日 16:00

かつやの定番『カツ丼(梅)』と『とん汁(小)』

 1000円以下の価格帯でカツ丼やとんかつ定食を提供するチェーン店として人気なのが、『かつや』だ。牛丼であれば、『吉野家』や『松屋』、『すき家』などといったチェーン店が人気だが、その「かつ丼・とんかつバージョン」と呼ぶべき存在だ。外食チェーンに詳しいライターの小浦大生氏が説明する。

「アークランドサービスHDが運営する『かつや』は、現在390店舗以上を展開し、低価格とんかつチェーンとしては頭一つ抜け出ている状態です。

 そもそも、とんかつは値段の幅が広いメニューで、高級なお店では3000円以上することも珍しくないのですが、『ヒレカツ定食』であれば1000円から1500円くらいが一般的な価格とされています。

 そうしたなかで、『かつや』の『ヒレカツ定食』が790円(税別、以下同)、『ロースカツ定食』が690円という安さ。また、『カツ丼(梅)』なら490円と、税別ながら500円を切る価格となっています。このリーズナブルな価格でとんかつを気軽に食べられるの点が人気の理由となっています」

『かつや』で昼食を食べる機会が多い40代の会社員Aさんはこう話す。

「よく食べるのは『カツ丼(梅)』と『とん汁(小)』(120円)です。カツ丼(梅)はローツカツが80gなんですが、ボリューム的に物足りなさを感じることはありません。600円くらいでカツ丼ととん汁でお腹いっぱいになるので、本当に助かります」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。