マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

オフィスカジュアル、男性のハーフパンツはどこまで許される?

2018年5月14日 16:00

オフィスカジュアルはどこまでが許容範囲か(イメージ)

 そろそろクールビズの季節。気温が上がってくると服装も変わってくるが、しばしば議論の的となるのが、社会人男性のハーフパンツ・ショートパンツだ。休日であれば問題ないが、ビジネスシーンでは一体どこまで“許される”のだろうか。

 ハーフパンツやショートパンツ、あるいは半ズボンなど、呼び方は様々だが、特に明確な定義があるわけではない。裾丈についても、膝下のものから膝上のものまで、様々な種類があり、ここ2~3年は膝より少し上くらいの丈が主流となっている。

 いずれにしろハーフパンツというと、かなりカジュアルな雰囲気ではあるが、業界によってはビジネスシーンでも特に気にすることなく着ているという人もいる。フリーランスで仕事をしている40代のエンタメ系雑誌編集者Aさんは、こう話す。

「マスコミの場合、私服で仕事をしている人が多く、かなりカジュアルです。ライターさんやカメラマンさんも夏場はハーフパンツが多いし、ハーフパンツだからって何かを言われるようなことはまずありません。特に私の場合はエンタメ系なので、取材に行くときもハーフパンツということはよくあります。もちろん、報道などおカタい媒体の場合は難しいと思いますが」

 たしかにカジュアルなイメージが強い業界であれば、ハーフパンツも問題ないだろう。ウェブコンテンツなどを制作する編集プロダクションを経営する30代の男性Bさんはこう話す。

「私の場合は、ファッション系のコンテンツを多く扱っているということもあって、ハーフパンツかどうかという問題よりも、小奇麗にしているかどうかが重要です。取材に行くときも、撮影のときも、社員にはとにかく『オシャレであれ、清潔であれ』と指導します。ハーフパンツが似合っていればOKだし、似合っていなければNGという感じですね」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。