マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

チケキャン閉鎖後は逆にチケット高騰? 音楽ファンの悩み尽きず

2018年5月22日 17:00

 かつては、チケット獲得のメインの手段だったヤフオク!やチケット売買サービスなどは、いまはサブの手段となったという。

「売買仲介サービスのほか、メルカリなんかもチェックしています。ただ、メルカリの方は、そもそも出品数が少ないし、値段が異常に高いことやちょっと信頼できない出品などもあって、あくまでも“押さえ”という感じで、実際に取引することはあまりありません」(Aさん)

 確実に転売チケットの流通は減っているようだが、今後はどうなっていくのか。前出の大塚氏が分析する。

「現在は、チケット売買の需要と供給のバランスが崩れ気味だと思います。チケットが入手しづらく、かつ相場が高くなっているとなると、自然と『いくら出してもいいから、絶対にコンサートに行きたい』というコアなファンにチケットが回るようになり、転売撲滅の動きがかえってチケットを高騰させている側面もあるかもしれません。

 一方で、ライトなファンがコンサートに足を運ぶ機会が減ってしまうと、アーティストとしても、常に固定客を相手にコンサートをするような状況になって、新規のファン獲得が難しくなるという点でデメリットが生じるでしょう。かといって、転売を許すと不正にチケットの値段が釣り上げられてしまうという問題も出てくる。アーティストもファンも、ともにジレンマを抱えている状況では。

 今後は、公式でチケットを売買できるシステムを導入したり、席によってチケットの価格に幅を持たせて相場を調整したりするといった対策が出てくるのではないかと思います」

 より多くの音楽ファンが、適正な価格でコンサートを楽しめるシステムの構築が急がれる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。