マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

金利3%超の米国債 有利な商品なのに金融機関が勧めてこない理由

2018年5月29日 17:00

 一方、米国債の場合は、そうした手数料などが一切取れないことになっている。つまり、日本の金融機関にとって旨みのない金融商品なので、積極的に販売していないと考えられるのだ。

 そうした理由からあまり注目されていないが、長期の資産運用を考えたら、投資家にとって現在、米国債は圧倒的に有利な金融商品と言えるだろう。

 ただし、米国債で資産を運用する場合、忘れてはいけないリスクがある。円高である。たとえば、満期の際に購入した時点より30%の円高になっていたら、30%の金利分が吹き飛んでしまうことになる。

 そのリスクを避けたいのであれば、余裕資金の範囲で購入することだ。満期になってもすぐに日本円に替える必要がない余裕資金での投資なら、満期時に円高になっていれば償還金を米ドルのまま持ち続け、円安になったタイミングを見計らって日本円に替えるという手法が取れるからだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。