マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

「最期は自宅で死にたい」の願い、医療・介護負担で家族がギブアップ

2018年5月31日 11:00 週刊ポスト

 在宅には実費以外にも様々な「負担」がある。

「たとえば胃ろうや尿管の洗浄などは医師や看護師にしかできず、必要になるたびに訪問医療を頼むか、病院に連れていく必要がある。患者が寝たきりの場合は褥瘡(床ずれ)を防ぐため1~2時間に一度、姿勢を変える必要もあります。子供世代と手分けできればまだしも、夫婦2人の老老介護だと在宅看取りはしんどい。また、介護のために家族が仕事を休むなどすれば、世帯収入が目減りすることもある。現状はコスト面も受け入れ態勢も病院や介護施設に軍配が上がります」(介護アドバイザーの横井孝治氏)

 国は「入院から在宅」の確立を目指すが、「最期はわが家」と望む患者も多いので、可能ならば生前に家族全員で「看取りの場」について話し合っておきたい。

※週刊ポスト2018年6月1日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。