マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

“東の二子玉”こと「流山おおたかの森」は“本家”より住みやすい?

2018年6月16日 13:00

マジメに比べれば意外と接戦に?

「流山おおたかの森」と言われても、多くの人は「どこ?」というのが正直なところだと思われますが、この街のキャッチコピーとしてしばしば使われるのが「東の二子玉川」というフレーズ。「ニコタマ」こと二子玉川といえば、オシャレで高級感漂う雰囲気により、都内でも屈指の人気タウン。その象徴が「玉川高島屋S・C」ですが、流山おおたかの森にも「流山おおたかの森 S・C」が存在。テナントのラインナップはかなり異なるとはいえ、“二子玉川っぽい雰囲気”は確かに味わえます。

 真面目に両者を比較すると、大手町までのラッシュ時の通勤時間は、二子玉川が35分程度なのに対し、流山おおたかの森は約45分。二子玉川には多摩川の自然がありますが、流山市は「都心から一番近い森の街」を謳っており、緑の豊富さは言うことありません。流山おおたかの森からは、東武野田線で2駅乗れば“東の渋谷”と呼ばれる柏に着き、高島屋、マルイ、ビックカメラなどで買い物ができます。

 そして最大の差は住宅価格。二子玉川駅から徒歩圏内でファミリー向けマンションを買い求めれば5000万円は軽く超えてきますし、一軒家ともなれば並の年収で届く額ではありません。世田谷区宇奈根や鎌田など、駅からバスに乗る物件なら5000万円前後の物件もありますが、それなら都心までの通勤時間は、流山おおたかの森の方が短くなるでしょう。一方、流山おおたかの森は、駅歩数分の新築マンションで2000万円台の物件もあり、一軒家でも3000万円台で購入可能です。

 諸々の条件を照らし合わせてみれば、実は割と良い勝負? 住む街として検討してみる価値はあるかもしれません。

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。