マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

中古住宅購入時は耐震性もチェック 4月スタート「安心R住宅」制度とは

2018年6月29日 15:00

中古住宅の「品質」をどうチェックするか(Getty Images)

 今後30年以内に震度6弱以上の大地震に遭う確率はどのくらいか──。政府の地震調査委員会が「地震マップ2018年版」を公表した。それによると、確率がとくに高いのは太平洋側の地域で県庁所在地別にみると、最も高いのは千葉市の85%、次いで横浜市の82%となっている。東京は48%だ。

 気象庁によると、震度6弱の大地震では「耐震性の低い木造建物は瓦が落下したり建物が傾いたりする」可能性がある。住宅の購入を検討する際、既存の中古住宅は新築住宅と比較して、手ごろな価格で手に入るというメリットがあるが、耐震性に問題がないかなど性能について十分注意したいところだ。

 とはいえ、個人レベルで耐震性は大丈夫か、構造上の不具合はないか、など住宅の品質を判断するのは難しい。そこで政府は、そうした既存住宅の品質を評価して、購入しやすくする制度を4月にスタートさせた。それが「安心R住宅」制度だ。

 これまでの既存住宅には「不安」、「汚い」、「わからない」という3つの印象から、その価値を正しく評価しにくい面があった。これは買い手にとっても売り手にとってもデメリットが大きい。そこで新制度は、3つの印象を払拭するため次のような条件を設定し、これらを満たす既存住宅を「安心R住宅」と認定している。

〈安心R住宅の主な基準〉
・新耐震基準を満たす耐震性を備えている。
・インスペクション(建物状況調査)を実施し、検査基準に適合している。
・構造上の不具合や雨漏りなどがない。
・リフォームされている、または、リフォームの提案が付いている。
・点検記録があって詳細情報を確認できる。

「不動産」関連記事

【無料】国内最大手6社に一括見積りできる不動産売却ポータルサイト
【無料】国内最大手6社に一括見積りできる不動産売却ポータルサイト
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。