マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

人生100年で「生涯年金1億円」時代へ 高齢者の信用力も高まる

2018年7月12日 16:00

社会的信用が高まると老後の生活設計の選択肢は大きく広がる

 これまでの人生80年時代は、「貯金が3000万円あれば老後は安心」と思われていた。定年後に夫婦で時々旅行に出かけたり、仲間とゴルフや釣りなど趣味を楽しむ「ゆとりある生活」をするには月額36万円程度かかるとされる。厚労省の標準モデルでは、サラリーマン世帯(妻は専業主婦)の年金受給額は夫婦で月額約22万円。年金だけでは必要額に毎月14万円足りない。

 定年後の第二の人生をざっと20年間(65歳の年金受給開始から85歳前後まで)と考えると、3000万円の貯金があれば、不足分を貯金から取り崩しながら“豊かな老後”を送ることができる計算になる。“貯めたカネをチビチビ使う”という「貯蓄取り崩し」型の生涯プランだ。

 実際、多くの人は定年を迎えたらそうした青写真を描き、退職金のほとんどを貯金して老後に備えてきた。総務省の最新の家計調査報告で60歳以上の世帯の平均貯蓄額が2384万円(2017年平均)に達していることからもそれがわかる。

 ところが、人生100年時代に、そんな“未来年表”は成り立たない。定年後の人生が20年から40年に延びると、毎月「36万円」の生活を維持するには、年金の他に7000万円近い貯金が必要になる。2000万~3000万円の貯金があってもいわば“焼け石に水”だ。

「そんなこといっても7000万円貯めるなんて絶対無理だ。定年後は爪に火を灯すようにギリギリまで出費を切り詰め、いまある貯金を細く長くもたせるしかない」

 そう悲観的に考え、ため息をついているシニアが多いのではないか。せっかく豊かな老後を求めてまとまった老後資金を貯めたはずだったのに、「今後は、孫にあげる小遣いをケチり、七五三や進入学のお祝儀も減らそう。旅行や趣味もあきらめ、晩酌はせいぜい週1回。貯金の一部は株で運用してみようと思っていたが、そんなリスクを負うのはもってのほか。安全な定期預金に置いておくしかない」と。

「不動産」関連記事

【無料】国内最大手6社に一括見積りできる不動産売却ポータルサイト
【無料】国内最大手6社に一括見積りできる不動産売却ポータルサイト
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。