マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

大戸屋vsやよい軒 夏の限定「うなぎ」メニューを比較!

2018年7月20日 15:00

 猛暑が続く今年の夏、うなぎでも食べてスタミナをつけたいところだが、昨今の漁獲量減少に伴い、価格は高騰。そう簡単に食べられるものではなくなっている。

 そんななか、大手定食チェーンの「大戸屋」と「やよい軒」では、それぞれ期間限定でうなぎのメニューを提供中。その価格や味は一体どんなものなのか、マネーポストの記者Aが実際に食べてみた。

大きめのうなぎで満足度も高い大戸屋

大きい蒲焼が乗った「大戸屋のうな重」2500円

 まずは、大戸屋の「大戸屋のうな重」。店舗・期間限定のメニューで、税込み2500円という価格。「ご飯少なめ」は、20円引きの2480円。「台湾で水質の良い地下水で育てられた、うなぎを使用しております」とのことだ。

 実は今年1~3月も、大戸屋では期間限定でうな重が販売されたていたが、この時の価格は税込み1999円だった。

 そんな大戸屋のうな重は、漬物とお吸い物とのセットで提供される。重箱いっぱいとまではいかないものの、重箱の8~9割を覆い隠すうなぎの蒲焼はなかなかの大きさ。実際に食べてみると、ふっくらして柔らかい食感は本格的だった。

 しかしながら、2500円という価格は定食チェーンとしては高い印象だ。高級なうなぎ専門店でも同じくらいの価格帯のメニューが提供されているということを考えると、少々悩んでしまう価格設定だろう。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。

「チェーン店の中でも大戸屋は価格設定も比較的高めなので、うな重2500円という強気な価格も可能となるのでしょう。たしかに、ほかのチェーン店ではまずありえない程の価格ですが、うなぎが申し訳なさそうにちょこんと載っているだけのうな重ではなく、ちゃんと食べごたえがあるメニューになっているので、試す価値はあると思います」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。