マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ボリューム感ハンパない「伝説のすた丼屋」 鬼盛り唐揚げも話題

2018年7月22日 15:00

「すた丼」の並盛。みそ汁と生卵がついている

「丼もの」といえば、牛丼、カツ丼、天丼などが定番だが、それらとは一線を画する“ガッツリさ”で人気となっているチェーン店が「伝説のすた丼屋」だ。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏が説明する。

「東京都国立市にあったラーメン店『サッポロラーメン』で提供されていた『すた丼』が発祥といわれています。2004年あたりから『伝説のすた丼屋』として、チェーン展開を始め、現在では70店舗以上が営業中。運営会社のアントワークスは、『伝説のすた丼屋』のほかに、ステーキチェーンの『デンバープレミアム』、『伝説のステーキ屋』なども展開しています」

 伝説のすた丼屋のメインメニューである「すた丼」(630円、税込み、以下同)は、秘伝のニンニク醤油ダレで炒めた豚肉がたっぷり乗った丼料理。そのボリュームがとにかくすごい。

「ごはんの量は並盛でもお茶碗3杯分くらい。初めては食べる人は、あまりの量の多さに驚くと思いますが、これで630円なら確かに安いといえます。

そんなボリュームであるがゆえに、利用客はやはり若い男性客が多く、学生やサラリーマンが中心ですが、店舗の立地によってはファミリー層も。ちなみに小盛りの『ミニ』もあって、こちらは100円引きですが、それでもほかのチェーン店の丼大盛りくらいはあると思います」(小浦氏)

 伝説のすた丼屋では「すた丼」以外のメニューも人気だ。生姜醤油ダレで炒めた豚肉が乗った「生姜丼」(630円)、塩ダレの仕上げた豚肉にとろろが乗った「塩すた丼」(750円)、さらには「すたみなカレー」(690円)、「醤油らーめん」(590円)、「油そば」(630円)といったメニューも提供されている。週に1回は伝説のすた丼屋に行くという40代の男性Aさんはこう話す。

「仕事帰り、お腹を空かせた状態ですた丼を食べるのが、最高の楽しみ。よく食べるのは『油そばセット』(990円)です。量でいうと、おそらく普通の定食の2倍くらいあると思います。ビールを飲みながら、その油そばセットをゆっくり堪能。途中でテーブルに置いてあるおろしにんにくやラー油を入れて、味を変えながら食べるのは、至高の時間です」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。