マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

山や海で事故 民間救助隊が出動した場合いくら請求される?

2018年7月26日 15:00

民間救助隊が出動した場合、いくら請求される?(イラスト:ヤマグチカヨ)

 山や海の事故で出動する救助隊。警察や消防など公的機関の救助隊が出動した場合、基本、遭難者に救助費用が請求されることはない。救助隊員は公務員であるため、その費用は税金でまかなわれているのだ。

そうした公的救助隊以外に、民間の救助隊が出動することもある。山岳ジャーナリストの羽根田治さんが語る。

「山小屋の従業員や山岳ガイドが民間救助隊として活動。彼らは遭難者から近い場所にいる可能性が高いため、出動依頼がかかったら数人態勢で救助に駆けつけます。1日1人当たりの人件費は2万~5万円。ほかに消耗品の装備代や保険料などもかかってきます。これらは遭難者が負担します」

 また、捜索が長期にわたり、公的機関の救助活動が打ち切られた後も、遭難者の家族などから依頼があれば、東京都山岳連盟が捜索を引き継ぐ。同団体の救助隊隊長を務める金子秀一さんは、その内訳を次のように説明する。

「捜索費は、山道の危険度により異なりますが、日当で1人1万5000~5万円。加えて、宿泊費6000円や交通費などの手当てがつきます」

 例えば、2人で5日かかった場合、実費を除いても最低21万円。決して安くはない。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。