マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

退職金は一括でもらうのがお得 定年後2年は手をつけずに生活を

2018年7月29日 16:00

退職が近づくと金融機関から様々な投資勧誘アプローチが(イラスト/ナガイクミコ)

 老後資金の「虎の子」ともいえる退職金。もらえるお金は会社によってまちまちだが、2016年の経団連の調査によれば一般的な額としては、大卒の総合職で約2374万円、高卒の生産・現業職で約1831万円とされている。

 退職金の受け取り方は一括でもらう「一時金方式」か、分割してもらう「年金方式」かに大別される。退職の半年から1年ほど前に会社から受け取り方を聞かれるケースが多い。ファイナンシャルプランナーの森田悦子さんは、「一括の方がお得」と指摘する。

「一括でも分割でも退職金を受け取る際は税金がかかりますが、一括の場合は『退職所得控除』が適用され、分割よりも非課税枠が大きくなります。例えば大卒から定年まで38年間働いた場合は、最大2060万円まで、退職金を一括でもらっても課税されません。

ただし、『退職所得控除』は勤続年数が長いほど税金が少なくなる仕組みのため、転職などで勤続年数が短い人の場合は、年金方式の方が有利なケースもあります」

 また、一括で受け取る場合、一気に大金を手にすることになるため、使い方にはくれぐれも気をつけたい。『届け出だけでもらえるお金』の著者の井戸美枝さんが言う。

「退職が近づくと金融機関からさまざまな投資勧誘のアプローチがあります。知識がないのに投資信託などに貴重な退職金をつぎ込み、のちのち後悔するパターンは後を絶たない。退職金を一括で受け取っても舞い上がらず、まずは簡単にお金を下ろせない定期預金口座に預けてじっくり管理すること。定年して2年は退職金に手をつけないという気持ちで生活してください」

※女性セブン2018年8月9日号

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。