マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

老後生活資金の引き出し 定額が定率かで75歳時資産に600万円の差

2018年8月7日 16:00

定年後の「定額引き出し」と「定率引き出し」でどれぐらい差がつくか

 最新の総務省・家計調査(2017年)によると、主な収入源を年金に頼る高齢夫婦世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の無職世帯)は毎月約5万4000円の赤字になっている。それを埋めるために貯蓄を取り崩す生活となるが、ここにきて“前提”が激変している。

 平均寿命は年々延び、人生85年時代から、人生100年時代に変わりつつある。「定年後」が40年あると、毎月5万4000円の赤字を埋めるのに、蓄えが2000万円では足りない。

 そこで大切なのは、定年後の人生を3分割して考えることだという。ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏が指摘する。

「これからはリタイア後の長い人生を60~75歳、75~85歳、85歳以上の3つに分けて計画的に資産を管理する必要があります。中でもカギを握るのが老後の行く末を決定づける『殖やしながら取り崩す時代』に当たる60~75歳の時期。この期間で必要な資産を確保できれば、75歳以降は『取り崩す時代』に移れます。60歳からの15年間は資産を運用するなどして殖やしながら、生活に必要な分を賢く引き出すことが重要になってきます」

 ファイナンシャルプランナーの川畑明美氏がいう。

「定年後の資産の引き出しについては、毎月決まった額を『定額』でおろす方法と、総資産に対して毎月一定の割合を『定率』でおろす方法があります。投資しながら資産を取り崩す場合、『定率』が基本となります。たとえば2000万円の資産がある場合は『今年引き出すのは残高の3%(60万円=毎月5万円)』などといった決め方をする。そうすることで運用実績に応じて引き出す金額が変わる。低リスクの投資であっても運用実績はいい時も悪い時もある。悪い時に投資の元本となる資産を減らさないことが大切です」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

目先の予想をしないFX コツコツ稼いで総利益100万円以上になることも
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。