マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ギャンブル依存症対策、パチンコ「換金」できなくなったらどうする?

2018年8月8日 15:00

ギャンブル依存症対策でパチンコ・パチスロファンへの影響は?

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案が7月20日に成立。国内で最大3箇所のIR設置が可能となる。

 日本国内でのカジノ解禁において注目されているのが、ギャンブル依存症対策だ。厚生労働省が昨年9月に公表した推計データによると、日本国内のギャンブル依存症の疑いがある人は約70万人。1か月にギャンブルに使う金額の平均は5.8万円で、このうち8割はパチンコ・パチスロに最も多くお金を使っていたという。ギャンブルに詳しい経済ジャーナリストはこう話す。

「カジノでのギャンブル依存症対策として、日本に住む人に関してはカジノの入場料を6000円とし、さらに28日間で10回までという入場回数制限を設けています。この対策で十分であるかどうかは未知ですが、それ以前にパチンコ・パチスロに対して依存症対策をすべきだという意見が多いのは事実です」

 パチンコ・パチスロ業界内では、ギャンブル依存症対策に関する様々な噂話も出回っているという。

「いわゆる“出玉規制”が入るのではないかという声は多いです。ここ数年でもパチンコ・パチスロの出玉はどんどん削られて、かつてに比べると大きく勝てる機種も減っていますが、その傾向が強まるのではないかとの予想が多い。現行機種なら1日に10万円くらい勝ったり負けたりすることもありますが、今後はたとえば“1日打ち続けてたとしても、勝っても負けても1万円以内”といったくらいの出玉性能になる可能性もあると思います」(同前)

 さらには、菅義偉官房長官がテレビ番組で市場規模23兆円のパチンコ産業について言及し「これに対しての(ギャンブル依存症)対応策をとっていきます。ギャンブル性のないような形にするとか」などと発言したことを受け、“換金”できなくなるのではないかとの噂まで広まった。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイント投資を徹底解説 初心者におすすめの始め方は?
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。