マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

中途採用で企業側が欲しがる人材の圧倒的1位は「元商社マン」

2018年8月10日 16:00 マネーポストWEB

中長期的なキャリアを考えた選択を

 2020年卒業予定の大学生たちの事実上の就職活動が始まっている。近年は潰れなさそうな大手企業を志望する、「安定志向」が目立つとされる。だが、志望企業を決める際にもっと大切な要素が忘れられていると、『学歴フィルター』(小学館新書)の著者で就職コンサルタントの福島直樹氏は指摘する。

 * * *
 大学生が就職したい企業はどこか。毎年、さまざまな就職情報サイトが就職活動に臨む大学生を対象にアンケート調査を実施している。近年の傾向は、潰れなさそうな大企業、安定した業界を志望する「安定志向」だと言われる。

 だが、鴻海に買収されたシャープの事例や、一時債務超過に陥った東芝の事例を見ても分かるとおり、「大企業」「一流企業」だからといって決して安泰ではない。企業を取り巻く環境がめまぐるしく変化する現代において、「寄らば大樹の陰」は通用しない過去のものとなっている。

 今回は、特に大学生のみなさんに別の視点を提示したい。それは、「中途採用」の現場でどういった人材が人気なのか、という視点である。終身雇用が崩壊しつつあり、勤務先の倒産やリストラが決して他人事ではない時代に、次の職場を見つけやすいかどうかは重要なポイントだ。

 結論を言えば、それは元商社マンだ。私は中途採用に関わる人材紹介会社とも交流があるが、彼らは「総合商社の元社員ならいくらでも優良な就職先を紹介できる」と口を揃える。メーカーからIT、金融、ベンチャーまでほぼ業種を問わず、さまざまな企業が元商社マンを欲しがるのだという。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。