マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

トルコリラ急落は世界的な金融危機につながるのか?

2018年8月14日 16:00

 しかし、今回のトルコリラ暴落で、欧州をはじめとする銀行のトルコ向け融資が焦げ付くのではないかとの懸念から銀行株を中心に売り込まれたわけだが、そもそも先進国の銀行のトルコに対する融資額は、日米でそれぞれ1~2兆円程度、欧州はスペインが突出しているが、英国を合わせても全体で20兆円弱というところ。先進国の大手銀行は1行だけで100兆円近い貸出金を持つことを考えても大した金額ではないだろう。まして、それらがすべて焦げ付くわけでもない。

 そう考えていくと、今回のトルコリラ暴落は短期的に金融市場を混乱させる要因になったとしても、世界的な金融危機を引き起こすほどではないのではないか。

 それでも夏枯れ相場の中で、新たな売り材料としてトルコリラ安が出てきたため、もう少し調整局面が続く可能性は否定できないだろう。しかし、中長期的には企業業績が相場の先行きを決定するので、大きく下がったところはむしろ買いのチャンスという認識もできるかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。